ご存知ですか? 生命保険が生存中に 本人に支払われるシステム

ご存知ですか? 生命保険が生存中に
本人に支払われるシステム ~リビング・ニーズ~

特約がなくても、以前から掛けている「生命保険」で、余命半年という医師の診断書があれば、限度額3000万円の範囲で、本人に支給されます。無税。

ほぼ、どの保険会社でも、対応されます。
この保険システムの発祥は「エイズ」だそうです。せめて生きている内に、思い出作りの旅行や、特別な治療などに使う資金とすることが目的であったようです。
今、条件は、怪我でも、ガンでも、余命半年の条件だけ。

支給された保険金に使用制限はないようです。この資金を使って、特別な治療を受けても、その後、病気を回復して、元気になっても、返還は求められない。

生命保険を以前から掛けている人は、是非、保険会社に問い合わせをして下さい。
それと主治医に余命半年の診断書を書いてもらうことです。
医師に診断書を書いてもらうための、理由説明をして下さい
(医師がリビング・ニーズについて知らないケースが圧倒的に多いのです)