ガン で余命半年 あなたならどうしますか?

癌で余命半年
貴方自身、大切な家族、友人、知人の命の期限が半年と切られたら・・・

諦めて放置する、ホスピスへ行く、生き抜く道を必死で探る、想像が出来ない,改善が見込めて副作用の苦しみがなければ新しい方法に挑戦する

いろいろな検査の結果、最終判断が「癌(がん)」であると宣告されたとき、
多くの人は、絶望感と大きな戸惑いを感じるのではないでしょうか?

多くの皆さんは、死の恐怖が真っ先に頭に浮かんだといいます。そして・・・・。

なぜ! どうして!
私なのか!俺なのか! 夫なのか! 妻なのか! 最愛の子どもなのか!

結局は、その事実を受け入れざるを得ず、多くの方は、現代薬学・医学の先端的治療(手術・放射線・抗癌剤)を受けることになります。これらの治療を受けて完全回復できた人は、数%に過ぎません。完全回復したかに見えても、数年後に再発・転移の現実が襲ってくることが多い。

多くの場合、抗癌剤の副作用に苦しみ、意欲・気力を失い、やせ細って、強制的に人生の幕を下ろさせられます。

今は死ねない、死なせられない状態でも、死を強制されてしまいます。

最先端の薬学・医学・遺伝子工学・電子工学の粋を集めた治療でも、癌には勝てず、日本だけで毎年35万人超が、人生・職場・家庭から強制的に退場させられるのです。

本人から、やりかけの仕事を奪い・人生の希望も家族も奪う。残念・無念の思いを残し、それにも増して死の恐怖と戦わなければならない。

家族には表現の出来ない心配をかけ、金銭的には負担をかけ、将来の生活の不安をもたらし、終わりの判らない劣勢の戦いが続く、病状の変化に一喜一憂しながら次第に体力を消耗して行く・・・・。

一時的な勝利を得ても、再発の不安の伴う毎月の定期検査が続き、5年生存率などにおびえながらの生活が続く。多くの場合、最後には、激痛にモルヒネの助けがなくては耐えられなくなる場合が多いのです。

このような不安。恐怖。家族の心配などから開放される可能性の高い方法があります。

真摯に検討し、果敢に行動してください。命を賭けた最後の勝負です。
医師は、余命宣告で貴方の治療(病状回復)を諦め、放棄したのです。
希望を復活して下さい。諦めないで下さい。

その方法は「ニンニク加温法」です。
食べたるのでは間に合いません。
ニンニク トータル成分を大量に皮膚から直接吸収するのです。

末期癌から、「ニンニク加温法」で生還した人の、本人の記録を紹介します。

お問い合わせは以下まで。
101-0041
東京都千代田区神田須田町1-7-1
ウィン神田高橋ビル
TEL/FAX:03-5295-2578
staff@gai-chr.com