ニンニク加温法の手順

ニンニク加温法の基本手順

①ニンニクをベースにした原料を入れた小袋マットを上向に寝た胸から下腹にかけて、全体をおおうように置きます。

②小袋マットの上に、加温体をセットします。(火傷をしないように温度管理をします。)
状態を勘案して、おおよその時間は30分~2時間継続します。

③腹部が終わったら、まったく同じ形式で背中を行ないます。
(毎日 腹部と背中の両面を行います。)

④これを毎日継続します。

(7日加温)×2 = 1クール(14日)とします。
各種データ(画像・血液・尿)を採ります。
基本は3クール(42日)とします。最大は7クール(98日)。

⑤この間、家族が全体をサポートを行います。

⑥この期間の食事の種類・量を記録するとともに、気分・食欲・便通などについて 日記をつけます。

⑦イオン水製造機の水を出来るだけ多く飲んでいただきます。

使用する用具機材(すべて貸与です)・方法について

yogu

 内容説明は随時要請に応じて行います(於 ガン・健康・ニンニク応用研究所にて)~説明を受けても義理や負担感を、持つ必要はまったくありません~ ヒヤカシは遠慮願います。
実施・導入決定後は、方法実行サポートについては、本人・家族に手順・方法を、ガン・ニンニク応研のスタッフが訪問して行います。

本法は末期ガンでも、多臓器転移のガンでも、現在治療中でも帰宅してるときには実行可能です。
また、現代医学で治療法がなくなった方でも、ホスピス行きを薦められている方でも、トライする価値は十分にあると思います。

お問い合わせは以下まで。出来るだけメールでお願いいたします。
101-0041
東京都千代田区神田須田町1-7-1
ウィン神田高橋ビル
TEL/FAX:03-5295-2578
staff@gai-chr.com