「ニンニク成分摂取法の優劣」・・・ニンニク皮膚吸収で「癌」と命を賭けた最後の勝負を・・・

★ 「がん」で余命半年または転移と宣告された方 と 薬が効かないホスピスを紹介する・痛み止めの薬がある などといわれた方はご連絡ください。

この宣告は先端医学も、薬学治療方法がないという敗北宣言です。
それでも貴方は敗者の指示に従って、副作用に苦しみながら、今のまま死を選ぶのですか・・・・
どうせ駄目なら、いちかばちかでも、その命を賭けた勝負をする価値があるのではないですか?熟慮・そして行動を
 

行動しなければ結果は出ません

投薬治療ではない 健康増進法なので副作用はありません

ニンニク加温法】

ニンニク成分の体内摂取法の違い「ニンニク加温法」最大利点

    ~皮膚からの直接吸収~
ニンニク成分の皮膚からの吸収の意味

1.加熱・漬ける等の、事前処理をしないから、成分の変質、化学反応が起きて
いない。
2.消化管(胃・腸)の中での、化学(消化)処理がされていないから成分変質がない
3.何も加えられていない。何も引いていない。何の反応もさせていない。
4.皮膚を通過できる、ニンニク成分はすべて、無傷で体内に直接取り込まれる
5.単独では効果が確認されていないかも知れない、超微量物質
(触媒作用物質等)の有効作用も取り込める。

6.ニンニク成分が皮膚から吸収され、直接毛細血管から血液にも、リンパ液にも入り、体内を循環するから、有効成分の作用が直接的なので、より早く、大きな効果が期待できる。
7.ニンニク成分が一体(トータル)で吸収されるので、+α効果が期待できる。
8.何よりも「直接作用」「複合作用」「総合作用」が期待できることが最大利点 

従来の摂取方法(習慣思考:経口摂取)の欠点
~大事な成分が削減され総合性に欠ける可能性がある~

      下記の口からの摂取の意味参照

1.煮て食する・焼いて食する
 沸点まで加熱する、高温で焼くことによって、熱に弱い成分が消滅したり、減少したり、変質したりする。 更に、唾液、胃酸などによる消化液の洗礼を受けて、消滅、変質する成分があると考えられる。 加えて、消化・吸収力が、人により、時により、体調により大きく変わる。したがって、にんにくの有効成分を全ては活用できていない?

2.漬けて食する
 漬ける「漬け床」(醤油・味噌・密・酢・アルコールなど)により、吸い出される成分が異なり、成分量や比率が変わる可能性がある。
漬けたことにより内部に成分相互の化学反応が起こり、異質の成分が生成されている可能性もある。消化については上記と同じ。

3.注射液・点滴液で取り入れる

体内に直接注入する注射液・点滴液は、有効成分と確認された「物質」のみを抽出するため、触媒・潤滑油的な役割(補助的・間接的役割は大きいが直接的作用が不明な物質)をする物が排除されてしまう可能性がある。
 更に普通の人は体内に直接注入する作業は許されていない(医師法)不便さがある。

4.飲み薬として取り入れる

 薬として認可されるためには、効果が認可されている範囲でしか使用が許されないし、当然のことながら、薬事法の制約を受ける。腸の吸収力の影響を受ける。

口からの摂取する方法の意味
口から摂ったコラーゲンが肌を直接ぷるぷるさせるわけではなく、グルコサミンがひざに届くわけではありません。ゼラチンは100%コラーゲン由来で、5g袋にコラーゲンが4500mgほど含まれています。
もし、本当にそれが肌に届くなら、ゼリーをよく食べる人は、お肌が一生ぷるぷる弾んで、100歳になってもシワと無縁でいられるはずです。
なぜコラーゲンもグルコサミンも、目指す部位に直接届いてくれないのか。
それは食べたものはすべてはいったん腸の中でバラバラに分解されたり血液に入ったりして、アミノ酸や糖の形で利用されるからです。
コラーゲンはタンパク質の一種、グルコサミンは糖の一種。だから、サプリでコラーゲンやグルコサミンを摂るということは、わずかなタンパク質や糖を摂るのと同じことになります。
体内に吸収されたアミノ酸の一部はコラーゲンやグルコサミンに再合成されます。
しかし、コラーゲンは肌だけに利用されるのではなく、全身のあらゆる組織に存在して体や皮膚や臓器の形を支える構造材の役目をします。
グルコサミンも全身の軟骨や結合組織のあちこちにあり、軟骨細胞を形づくるために、もっとも大切な栄養素のひとつです。
(近藤 誠著「医者に殺されない47の心得」)

お問い合わせは以下まで。
101-0041
東京都千代田区神田須田町1-7-1
ウィン神田高橋ビル
TEL/FAX:03-5295-2578
staff@gai-chr.com